専業主婦でも借入可能消費者金融

借入でお困りの専業主婦の方へ。

shufu

専業主婦は消費者金融では借りることは出来ません。
でも、大手銀行カードローンであれば借入ができます!

 

総量規制とは2010年6月に適用された「借りることのできる額の総額を
年収の3分の1までに制限する仕組み」です。
この仕組みによって専業主婦の方の借入は消費者金融では難しくなりました。

 

ですが、銀行カードローンは総量規制の対象外。
収入がない専業主婦の方も借入することができます。

 

中には、旦那さんの収入や世帯年収の記入と
あなたの身分証明書の提示があれば借入可能な所もあります。

 

arrow専業主婦のキャッシング詳細はこちら!

最近知り合いの奥さんに聞いたんですが、専業主婦って子育てに家事に24h労働で忙しいのに、外にお金を稼ぎにいけないので常に金欠で困っている人が 周りに結構いるそうです。 そんな専業主婦でも借りられる消費者金融キャッシングがあるって知っていますか? 専業主婦がお金を借りるときにはいくつか注意してほしいことがあるのでぜひご覧になってください。 2006年施行のお金の借りすぎ・貸しすぎを防ぐ法律により、現在消費者金融のカードローン(例:アコム)では収入のない主婦はお金が借りられません。 しかし、銀行系のカードローン(例:みずほ銀行)はその法律の対象外なので専業主婦もお金が借りられるんです。 つまり、専業主婦がお金を借りるときは銀行系のカードローンを利用することがポイントです。 また、お金を借りるときに気になるのはご主人の存在ではないでしょうか。 できることならご主人に相談してから考えてほしいと思いますが、 家計を任されている以上、お金を借りければならないという事実はできるだけ夫には知られたくないことだと思います。 ご安心ください。最近は夫の同意書が不要で、ご主人に知られることなくキャッシングできる大手の銀行カードローン会社が増えてきています。 また家計のためにも、できるだけ返済金利の安い大手のカードローン会社を利用した方が良いということも覚えておいてください。 以上の3点に気をつけてお金を借りることが専業主婦の借入の 【専業主婦の借入における三大原則とは?】 ポイント1 銀行系カードローンを利用する ポイント2 夫の同意書が不要の会社を利用する
総量規制は、2010年6月18日の改正貸金業法に盛り込まれた、過剰貸付を防止するための仕組みの1つです。 具体的には、貸金業者による貸し過ぎをさせないため、  原則として、年収の3分の1までしか融資してはいけない という決まりが設けられました。 これによって、年収300万円の人は100万円まで、600万円の年収の人は200万円までの融資しか受けられないことになります。 専業主婦については、本人に年収がありませんので、事実上、消費者金融からの融資ができないというわけです。 ■総量規制対象外とは? しかし、専業主婦だからといって、すべてのローンが利用できないわけではありません。 貸金業法が規制しているのは「貸金業者(消費者金融など)」ですので、貸金業者ではない  銀行 のカードローンに申し込めばいいのです。 しかし、すべての銀行カードローンが専業主婦に融資しているわけではありませんので、申込み先を間違えないようにする必要があります。 ■専業主婦が借入れ可能なカードローン 専業主婦が借入れ可能なカードローンには、  ・みずほ銀行カードローン  ・三菱東京UFJ銀行 バンクイック などがあります。 どちらも「限度額30万円」を上限に融資していますので、気に入ったサービスを選べます。 また、申し込んだその日のうちにお金を受取りたいときは、みずほ銀行ではなく、バンクイックを選ぶようにしましょう。

専業主婦がお金を借りるときの注意点って?